FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ラベンダーの空 2. 飲み込まれた運命-3 →ラベンダーの空 2. 飲み込まれた運命-1
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 目次
もくじ  3kaku_s_L.png ラベンダーの空
もくじ  3kaku_s_L.png 青いみかん
もくじ  3kaku_s_L.png 捧げ物
もくじ  3kaku_s_L.png 頂き物
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【ラベンダーの空 2. 飲み込まれた運命-3】へ
  • 【ラベンダーの空 2. 飲み込まれた運命-1】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

ラベンダーの空

ラベンダーの空 2. 飲み込まれた運命-2

 ←ラベンダーの空 2. 飲み込まれた運命-3 →ラベンダーの空 2. 飲み込まれた運命-1
 家を飛び出したジンは里のはずれにある森の中までやってきた。

ここは南向きのなだらかな斜面の森の中にある小さな原っぱだった。小さい頃からジンはこの場所が気に入っていた。
その原っぱの真ん中で、目を瞑って大の字になって寝転ぶ。

森の中から鳥のさえずりが聞こえ、時折やわらかな風が頬をなでていく。
目を開けると、木立の間から空が見える。ここから見る空は、里のどこから見る空よりも、蒼いようにジンは感じていた。
もしかしたら、ココが一番結界の外に近い場所に思えて、ジンはこの場所が好きなのかもしれない。
草の香りがジンを包み込むと、急に眠くなってくるのを感じた。
試験の緊張感と、レベルに見合わない高等魔法を使った疲れが出てきたのか、そのままジンはウトウトと眠ってしまった。




 冷たい風が頬をなでるのを感じで、ジンは目を覚ました。陽がかなり傾き、森の木々の間には夕闇が少しずつ積もっていた。

「もう日が暮れるな」

ジンは、体を起こし、向こうの稜線に姿を消していく夕陽を見送りながら独り言を言った。
原っぱを囲む森は、少しずつ陰を伸ばし木々の作り出すシルエットは徐々に一つになり始める。
そして闇が森全体を覆うと、まるでその陰が一つの大きな魔物のように感じられた。
昼間は、優しく頬をなでていた風は、いつの間にかに強くなり、森の木々を轟々とゆすった。ジンはもう一度、大の字に寝転がって空を見つめる。

 空は刻々と色を変えて行き、東の空には一番星が輝き始める。ジンは大の字の寝転んだまま、片手を上げて、試験の時にテレスがやったのと同じしぐさをし、小さな光の球を浮かべた。少し強い風が吹き抜けていく。

「さぶっ」

ジンは風の冷たさに首をすくめると、上着の襟を立てて背中を丸め、横向きに寝返りを打った。
そして、今作った光の球にそっと手をかざして自分の目の前まで下ろした。
光の球はほのかなぬくもりをたたえて、ジンの手や顔や地面をぼぉっ照らしだす。
じっとその球を見詰めると、光の球の中にテレスとマルクの顔が浮かんで見えた気がした。

「なんであんなやつらが合格でオレが失格なんだよ!くっそ、またくだらないことを思い出しちまった」

ジンは独り言を言ってから、不貞腐れたように目を閉じた。
昼間は、あんなに聞こえていた鳥のさえずりはどこからも聞こえず、ただ森を渡る風の音だけがザワザワと聞こえていた。

「さすがにオレも腹が減ってきたな」とジンがつぶやいた時。
ジンの身体に魔波動が駆け抜けて行くのを感じた。

魔波動とは、魔法使いそれぞれが持っている波動の事で、その波動の大きさで魔力の属性や強さを感じることができる。

「なんだこの波動は?」
それは今までジンが感じたことのない程大きな波動だった。
そしてその波動は、吐き気が込み上げてくるほどの邪気を帯びていた。

ジンは飛び起きると光の球を消し、地面に伏せるように低く身構えて暗視で気配を伺ったが、見えるのは森の木々だけだった。

すると今度は、何かが微かに風を切る音がした。
とっさにジンは横に飛び、そのままごろごろと転がって森の中飛び込み、斜面の下の方向にある太めの樹の幹に体を潜めた。
一体何がどうなっているのか、ジンにまるで分からなかった。唯一分かっていることは、今ジンが何者かに狙らわれている、ということだけだった。

しばらく樹の陰で息を潜めていたジンは、原っぱの方に何かの気配を感じた。
ジンが顔を出して様子を伺おうとしたその時、ビリビリビリー、と大きな音とともに、ジンのすぐ隣の樹に何かが当り弾け飛んだ。

(電撃だ!)

ジンは飛び散る樹の破片を飛びよけながら思った。それもかなり威力のある電撃だった。電撃攻撃は、かなりの高等攻撃魔法が使える者でなければ扱うことはできない。

しかも、こんなに大きな樹が弾け飛んでしまう程の威力と精度で操れるとしたら、ファイナルステージをクリアした魔法使いしかありえない。

「あんなもんを食らったら、オレのバリアぐらいじゃひとたまりもないぞ」

攻撃をかわすために森の樹を転々と飛び移りながら、ジンは今自分が置かれている状況の分析と判断をしていた。

森の樹木はジンが飛び移った後、次々と敵の電撃で破壊され、ジンは自分がどんどんある方向に追い詰められて行くのを感じていた。
ジンはスピードにはかなりの自信を持っている。多分、この里の中ではトップクラスと言っても過言ではないはずだ。

しかし今、そのジンのスピードに勝るような勢いで、正確に電撃が放たれている。
しかも、樹が倒れる方向が一定ではないところをみると、敵は一人二人ではないだろう。だとしたら、今攻撃をしかけてきている相手が誰なのか必然的に決まってくる。
ジンの兄デュークが率いる里の近衛部隊。その中でもトップクラスの力量の者達くらいしか考えられなかった。

「兄貴のやつ。オレにお仕置きをするにも程があるぜ。こんなやり方ありえねえ」ジンは限界ギリギリまでスピードを上げた。



「だめだ、もう結界のところまできちまった」

ジンは、結界の手前で一瞬スピードを緩めた。その瞬間、自分の目の前が真っ白になるのを感じた。

とうとう、ジンが飛び移った樹に電撃が当ったのだ。その爆風の威力は凄まじく、ジンはものすごい勢いで弾き飛ばされた。



 それからどれ位の時間がたっただろうか。頬を何か冷たいものが撫でるのを感じてジンは意識を取り戻した。
ジンの頬を撫でたもの、それは朝露をたたえた草の葉だった。
うっすらと目を開けると、夜が明けたのか、薄紫のもやのようなものが目の前に広がっていた。
ジンは自分が今どこにいるのか、まるで見当がつかなかった。

昨日の夕方の出来事も、まるで遠くの夢のようで、実際にはなにが起こったのかもよく分からなかった。
とりあえず周りを見ようと体を起こそうとしたが、その途端に物凄い痛みが体に走るのを感じた。
腕に怪我を負ってしまったらしい。その他にも体中がジンジンした痛みに覆われ、重くて動くことができなかった。

(俺はこの夜明けの底のようなところに取り残されたまま消えてしまうんだろうか・・・)

昨日まで胸の中に溢れていた自信もプライドも、全てあの爆風とともに吹き飛ばされてしまったようだ。
今はただ、言い知れない不安だけが自分のなかに渦巻き、どうしようもなく孤独だった。

(助けて・・・、誰か・・・)

ジンは思わず心のなかでそう叫けんでいた。




次へ。


←このお話が気に入った人は、押してください。
拍手をいただけると、励みになりますので、よろしくお願いいたします。


blog人気blogランキングへ参加中です!
クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 小説ブログへランキングに参加中。クリックお願いします!

スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 目次
もくじ  3kaku_s_L.png ラベンダーの空
もくじ  3kaku_s_L.png 青いみかん
もくじ  3kaku_s_L.png 捧げ物
もくじ  3kaku_s_L.png 頂き物
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【ラベンダーの空 2. 飲み込まれた運命-3】へ
  • 【ラベンダーの空 2. 飲み込まれた運命-1】へ

~ Comment ~

盥(たらい) 様

コメントありがとうございました。

そうですね~。

この時点で、ジンは俺様で生意気な坊主です(笑

はてさて、こんなヤツに世界が救えるようになるんでしょうか?

続きを楽しみにしていてくださいね!

読みました。

この前のは、お役に立てたのなら幸いです;

ジンが失格になってから、ここまでの話・・・
・・・・う~ん、まだまだチョットしか読んでいないのに、
ここまでだけでも考えさせられるところが度々ありますね。

はたしてこのちょっと問題ありな主人公が、
これからどうなるのか・・・・


新米一読者として、楽しみにさせて頂きますね(^^

響わたる 様

コメントありがとうございます。

雰囲気を感じ取ってくださって嬉しいです。

これからも、その場にいて感じる空気感を大事にして書いて行きたいとおもいますので、よろしくお願いします。

こんばんは。

とても森の暗さと雰囲気がわかります。

静かなところから、一気にスピード感が出て迫力があります。

この部分とってもいいと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【ラベンダーの空 2. 飲み込まれた運命-3】へ
  • 【ラベンダーの空 2. 飲み込まれた運命-1】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。