スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←雨上がりのにじ →ラベンダーの空 4. ラベンダーの初恋-3
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 目次
もくじ  3kaku_s_L.png ラベンダーの空
もくじ  3kaku_s_L.png 青いみかん
もくじ  3kaku_s_L.png 捧げ物
もくじ  3kaku_s_L.png 頂き物
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【雨上がりのにじ】へ
  • 【ラベンダーの空 4. ラベンダーの初恋-3】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

ラベンダーの空

ラベンダーの空 4. ラベンダーの初恋-4

 ←雨上がりのにじ →ラベンダーの空 4. ラベンダーの初恋-3
 ロジャーとアンソニーは、正午前にラベンダーハウスに到着した。

ロジャーは、中年の人柄のいいおじさんという感じの人物だった。植物学者だったフローラの亡夫の教え子ということもあり、彼の学生時代から付き合いがあるのだという。

アンソニーは、最近の若者らしくロジャーよりも上背がある好青年だった。フローラがアンソニーにジンの着替えを持ってきてくれるように頼んでいたらしく、「学生時代のお古で悪いけど」と言いながらジンに数枚の着替えを差し出した。

リビングで一緒に昼食をとりながら、フローラがジンがここに来た経緯と記憶喪失にかかっていることなどを改めて説明してから、二人にジンを紹介した。

「よろしくお願いします」

「どんな子が来たのかとちょっと心配していたんだが、話をしてみるとしっかりしていて、なかなかいい少年じゃないか」

礼儀正しく頭を下げるジンの様子を見て、ロジャーとアンソニーは安堵した様子を見せた。




リビングで賑やかに談笑する大人たちの中に、ラベンダーの姿がないことに気がついたのはそれから程なくしてのことだった。ふと見ると、ラベンダーはキッチンで皿を洗いながらアンソニーの横顔にチラチラと視線を送っている。アンソニーが笑うと、その横顔の先のラベンダーの顔も嬉しそうにほころんだ。

アンソニーは、ちょうどジンの姉のルナと同い年だ。一般的に見れば好青年かもしれないが、10代のジンからしてみれば、それはただのおじさんにしか見えない。確かにアンソニーは、真面目で柔らかい物腰の人物だったが、いくらラベンダーが人里離れた地に暮らしをしていて、アンソニーが憧れの存在なのだといわれても、ラベンダーが何故こんなおじさんの笑顔を嬉しそうに見ているのかジンにはさっぱり理解できなかった。

食後のお茶を飲みながら、アンソニーの職場や今暮らしている大きな街のことで話題に花が咲く。外界に対しての知識も、地理的な知識もないジンにしてみたら、そんな話を聞いていても会話に入れるわけでも、頷けるわけでもなく退屈なだけだった。ラベンダーは少しだけ離れたところに座って、アンソニーの話を嬉しそうに頷きながら聞いている。

(それにしても・・・、なんでラヴァンは離れたところに座っているんだ?)

アンソニーが訪ねてくるまで、待ちきれない様子であんなにはしゃいでいたラベンダーは、アンソニーの顔を見ても手をとることもなく隣の席に座ることもなく、自分から話しかけることもない。

ジンは今までルードの里でそれなりに女の子と付き合ってきたが、その誰もがジンと手をつなぎたがったり、話しかけてきたりとうるさいくらいにまとわり付いてきた。しかしラベンダーは、アンソニーに好意を寄せていることすらも隠すように、少しだけ離れたところから愛惜しそうに横顔を見つめるだけで、見ているこちらのほうがもどかしくなってしまうほどだった。

ここに来てから2週間が経とうとしていたが、自分が知っているラベンダーは、いつも明るく無邪気で、人懐っこい子犬のような感じの子だったのに・・・。ジンは、ラベンダーの姿を見ているうちに、自分がそこにいてはいけないような気持がしていた。



次へ。


←このお話が気に入った人は、押してください。
拍手をいただけると、励みになりますので、よろしくお願いいたします。



blog人気blogランキングへ参加中です!
クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 小説ブログへランキングに参加中。続きが読みたいと思った方はクリックお願いします!
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 目次
もくじ  3kaku_s_L.png ラベンダーの空
もくじ  3kaku_s_L.png 青いみかん
もくじ  3kaku_s_L.png 捧げ物
もくじ  3kaku_s_L.png 頂き物
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【雨上がりのにじ】へ
  • 【ラベンダーの空 4. ラベンダーの初恋-3】へ

~ Comment ~

響わたる 様

いつも、ご訪問&コメントそのたもろもろ。。。
ありがとうございます。

この話は、長編になる予定です。
なので、できるだけ飽きることなく、最後まで読んでいただけるようにしたいと思っています。

これからも、よろしくお願いいたします。

スリリング

うっかり口を滑らせたところから急展開しそうで
続きが楽しみです。

緩急がついてて、遊園地の急流すべりを思い出しました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ラピスラズリ様

ご訪問&コメントありがとうございました。

こんな拙い文章を褒めていただいて恐縮しています。

この話結構長くなる予定なので、これからも楽しんでいただけたらと思います。

後、リンクの件ありがとうございます。こちらも張らせていただきますので、よろしくお願いいたします。

今日和。こちらでははじめましてですねw
足跡ありがとうございましたっ!!
あんな駄目絵も貰っていってくださったみたいで。。。恐縮ですが嬉しいですw

小説のほう、少しですが読ませてもらいました。
ジャンルもあたしの大好きなファンタジーだし、描写がとても上手で羨ましいです。
また遊びに来ますねw

あ、リンク入れてしまいましたがよかったでしょうか?
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【雨上がりのにじ】へ
  • 【ラベンダーの空 4. ラベンダーの初恋-3】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。