スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ラベンダーの空 5. 本当の理由-2 →雨上がりのにじ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 目次
もくじ  3kaku_s_L.png ラベンダーの空
もくじ  3kaku_s_L.png 青いみかん
もくじ  3kaku_s_L.png 捧げ物
もくじ  3kaku_s_L.png 頂き物
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【ラベンダーの空 5. 本当の理由-2】へ
  • 【雨上がりのにじ】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

ラベンダーの空

ラベンダーの空 5. 本当の理由-1

 ←ラベンダーの空 5. 本当の理由-2 →雨上がりのにじ
5. 本当の理由

「なんだかな~」部屋のベッドに寝転んで天井を見上げると、ジンは大きなため息をついた。

どうにも退屈で、トイレに立つ振りをして部屋に戻ってきてしまったのだ。脳裏には、真面目で人のよさそうなアンソニーの顔とその姿を見つめるラベンダーの顔が浮かんでいた。

「全く、あんなやつのどこがいいんだかね」またそんな独り言が口をついて出てきた。すると、頭の上の方から聞きなれた声がした。

「あら、アンソニーってなかなかいい感じの人じゃない!」

ジンが慌ててベッドから起き上がると、ベッドの脇の壁にルナがもたれ掛かるようにして立っていた。




「あ・・・姉貴!なんでここにいるんだよ!」
「ふぅ、やぁ~っと見つけた。結構、探すの苦労したわよ」ルナはそういうと大げさに疲れたというように肩を竦めて笑って見せた。

訝しげな顔でジンは姉のルナを見上げる。

「思ったより元気そうで良かった。あんたが行方不明になってから、大変だったんだから!これでデュークも安心するでしょう」

「は?兄貴が安心?よく言うよ、自分で外界に人を吹き飛ばしたくせに!」

「・・・・え?」

「どうせ、自分の顔に泥を塗られて頭にきて、その腹いせのつもりでやったんだろ?冗談じゃない!俺はそのせいで、死に掛けたんだぞ!里の南斜面で俺を攻撃して、外界へ吹き飛ばしたのは近衛隊の連中だろう、分かってるんだぞ!」

「確かに・・・。確かにあの時攻撃したのは近衛の先鋭部隊だけど・・・。でも狙ってたのはあんたじゃない」

「嘘をつくのもいい加減にしろよ。あの場所には俺以外誰も居なかったんだぞ」

「嘘じゃない。近衛隊が追っていたのはエルドラよ」

「エルドラって・・・。あの、暗黒魔道師のエルドラか?だってエルドラは封印されているはずじゃ・・・」

「あの日、エルドラの永久封印がされるはずだったんだけど、隙をついて逃げられたの」

「じゃあ、まさか・・・」


エルドラとは、かなり昔に魔王を復活させようとして封印された暗黒魔道師の名前だ。魔法使い達がルードの里にこもるきっかけになった大戦を引き起こしたのも、人々の邪念の気を集めて魔王を復活させるために、エルドラが仕組んだのだという噂もあった。

「あの日、エルドラを永久封印にするための作業が行われていたんだけど、エルドラはその機会をずっと狙っていたらしいの。あっという間の出来事だったらしいわ。追った近衛隊が、エルドラを南斜面に追い詰めた。そして最後の一撃を加えたとき、デュークが一瞬ジンの波動を感じたらしいの」

「最後に俺の波動を感じたって?だって、あの時はじめから俺に向かって攻撃をしてきたじゃないか?」

「エルドラが、あんたに乗り移っていたのよ。永い間封印されていた肉体では、近衛隊の攻撃をかわすのが無理だったんでしょう。そこにあんたがいた。魔力の強い自分が乗り移っても十分耐えられる身体と、俊敏な運動能力を持ち合わせたあんたが居たことは、エルドラにしてみたら渡りに舟って感じだったんでしょう」

「そういえば・・・」

ジンは、南斜面の広場で吐き気のするような邪気を含んだ旋律に襲われたことを思い出した。あの瞬間、エルドラがジンの体に乗り移っていたのだ。


「近衛隊には、エルドラの姿しか見えていなかったのよ。さすがの近衛の先鋭部隊も、暗黒魔道師の幻術を見破ることができなかったのね。ただ、最後に直撃の攻撃を受けた瞬間だけ、エルドラはあんたの中に自分を隠してダメージを受けないようにした。つまり、あんたの体を盾に使ったのよ。たぶんデュークは、その一瞬、あんたの波動を感じたんだと思うわ」

「でもあの一瞬にあんたの波動を感じることができたのは、近衛隊の中でもデュークだけだったらしい。だから近衛隊をあんたの捜索に借り出すわけに行かなくて。私が頼まれてあんたを捜しに来たってわけ」

ジンは黙って何かを考えているようだった。

「その一件があって、デューク落ち込んでたわよ?もうね、信じられないくらい・・・。そりゃそうよね?もしかしたら、自分の弟を自分が殺してしまったのかもしれないんだもの・・・」

「・・・・」

「でも良く無事だったわね。運が良かったとしか言いようがないわね。フローラさんとラベンダーちゃんに感謝しないとね。あの二人が居なかったら、あんたはここには居なかったんだから」

「・・・・」

「運が良かったといえば、あんたがステージアップ試験に通ってなかったことも、運が良かったうちにはいるかな?」

「なんで?」

「もしステージアップに通って、あんたの封印が解かれている状態だったら。そのままエルドラに体を乗っ取られていたかもしれなかったのよ」

「え?・・・」

「多分、ステージアップの封印がとかれていなかったことと、あんたの怪我が余りにも酷くて使い物にならないと思って、そのまま乗っ取ることを止めたんだと思う」

ジンはなにを言えばいいのか分からなかった。自分がそんなことに巻き込まれていたなんて、少しも思っていなかったのだから。

「もっと早く見つけ出したかったんだけどね、なんせあんたの波動が拾えなくて・・・。それだけ怪我が酷かったって事だと思うけど・・。それと、いいところに拾ってもらったってことかな?」

「いいところ?」

「ここの人たちがいい人だってこともあるけど・・・。ま、詳しいことはそのうち話すわよ。どちらにしても、怪我は治っただろうけど、まだダメージも大きいみたいだから、もう少しここで居させてもらえば?里もね、そんなこんなでイロイロあって直ぐにはあんたを連れて帰れる状態じゃないし」

「そうなんだ・・・」

「ま、良かったじゃないの。念願の外界に来る事ができたんだし・・・」

「ねんがん・・・って、なんで知ってるんだよ!」

「え?バレテないと思ってたの?甘いわね」

ジンは何も言うことができなかった。姉にはすべて読まれていたのだ。



次へ。



←このお話が気に入った人は、押してください。
拍手をいただけると、励みになりますので、よろしくお願いいたします。


blog人気blogランキングへ参加中です!
クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 小説ブログへランキングに参加中。続きが読みたいと思った方はクリックお願いします!
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 目次
もくじ  3kaku_s_L.png ラベンダーの空
もくじ  3kaku_s_L.png 青いみかん
もくじ  3kaku_s_L.png 捧げ物
もくじ  3kaku_s_L.png 頂き物
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【ラベンダーの空 5. 本当の理由-2】へ
  • 【雨上がりのにじ】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【ラベンダーの空 5. 本当の理由-2】へ
  • 【雨上がりのにじ】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。