FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ラベンダーの空 6. メリーベルの手紙-1 →ラベンダーの空 5. 本当の理由-4
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 目次
もくじ  3kaku_s_L.png ラベンダーの空
もくじ  3kaku_s_L.png 青いみかん
もくじ  3kaku_s_L.png 捧げ物
もくじ  3kaku_s_L.png 頂き物
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【ラベンダーの空 6. メリーベルの手紙-1】へ
  • 【ラベンダーの空 5. 本当の理由-4】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

ラベンダーの空

ラベンダーの空 5. 本当の理由-5

 ←ラベンダーの空 6. メリーベルの手紙-1 →ラベンダーの空 5. 本当の理由-4
ルードの里で暮らしていた頃、ジンは人前では何事にも冷めた態度を取っていた。
鳶色の瞳と、瞳よりも少しだけ明るい色をした髪。はっきりとした二重の大きめな目と鼻筋の通った丹精な顔立ちのジンは、いつも人目を集める存在だった。
それに加えて、里で一番の実力を持った里長の息子という立場も、ジンが常に周りの注目を浴びる要因になっていた。そのためにジンの周りには、容姿端麗な里長の息子だからという理由で、ジンとかかわりを持とうとして寄ってくる連中も数多く存在した。

「里長の息子」という立場は、自然と里長である父や能力評価の高い姉兄と比べられることにも繋がる。そんな人たちのしがらみの中で、いつの間にかジンは、人前では何事にも冷めた態度を取るようになって行った。





常に自分に発せられる、『さすがにあの里長の息子だけのことはある』という言葉の陰には、「里一番の血を継ぐ者だから、これくらい軽いものだろう! 」という言葉が隠されていることも知っていた。
自分に与えられた天性の魔法センスと魔力を持ってすれば、それは出来て当たり前のことだったのかもしれない。
しかし、天性に与えられたものだけで、すべての事柄に対してトップの座を維持することなどできるはずがなかった。
そのためにジンはいつも、自分の部屋やあの南斜面の原っぱで、誰にも知られることなく一人で魔法の鍛錬をした。

ステージアップ試験の時に魔人の攻撃を回避するために使った魔法回避の魔方陣もそうだった。魔方陣は完璧に描くことができて初めてきちんと発動する。レベルが上がれば実際に描き上げなくても発動させることができるが、ジンのレベルではまだそうはいかない。

なんの道具を使うこともなく、精密に、正確に魔方陣を描き上げることができるようになるためには、想像以上の努力を要することは里の魔法使いなら誰でも知っている。

試験の時に、試験官が別れ際にジンに言った。「さすがだな」という言葉の裏には、そんなジンの人知れない努力の成果に対しての評価が含まれていた。


そうして、ジンは常にトップの評価を手にしてきた。別に周りの評価ばかりを気にしてそうしてきたわけではないが、ジンの中にあるプライドがそれを当然のこととしてジンに課してきた。

そしてジンは、自分の実力が上がることと比例して、周りの魔法使いに対して見下すような冷たい感情を持つようになった。特に、能力がない、成績の良くない者達に対してはあからさまに軽蔑の目を向けた。
しかし、そんな態度を取ってしまうことは、自分の能力に甘んじることなく努力を惜しまないジンにとっては、当然のことだったのかもしれない。

そうして築き上げてきた自分の自信もプライドも評価も、あの日の爆風ですべてが吹き飛ばされてしまった。そんな失意のどん底にいたジンの目の前に、ラベンダーが現れたのだ。

ラベンダーは、いつも能天気とも思えるほど明るく真っ直ぐだ。嬉しいと満面に笑みを浮かべ、寂しいことや、悲しいことがあるとこの世の終わりのような顔をする。いつも、自分の気持ちを素直に顔に出すラベンダーのペースに巻き込まれて、ジンも里に居たときのようには振舞えなくなっていた。

今朝の一件だって・・・。
里にいた頃の自分だったら、「くだらない!」と一蹴して、あれほどムキになって弁解することも無かったかもしれない。

ジンは今、素の自分に戻ってラベンダーとムキになって言い合いをしてしまう自分の姿に少し驚いていた。里長の息子でもなく、常にトップレベルの成績をキープする天才魔法使いでもなく、ただの17歳の少年ジンがそこにいた。

そんなジンの脳裏にラベンダーがアンソニーを見つめる横顔が浮かんで来た。

「なんでアイツあんな顔をしたんだ・・・・」

それから、「はっ」何かに気づいて、ジンはベッドから起き上がった。ラベンダーが思い焦がれている人の事を見ているにもかかわらず、その気持ちを隠すように振る舞い、しかもその横顔に寂しさが漂っていることを感じて、ジンはラベンダーの姿がいたたまれずにこの部屋に逃げ込んできたのだ。




次へ。



←このお話が気に入った人は、押してください。
拍手をいただけると、励みになりますので、よろしくお願いいたします。


blog人気blogランキングへ参加中です!
クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 小説ブログへランキングに参加中。続きが読みたいと思った方はクリックお願いします!
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 目次
もくじ  3kaku_s_L.png ラベンダーの空
もくじ  3kaku_s_L.png 青いみかん
もくじ  3kaku_s_L.png 捧げ物
もくじ  3kaku_s_L.png 頂き物
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【ラベンダーの空 6. メリーベルの手紙-1】へ
  • 【ラベンダーの空 5. 本当の理由-4】へ

~ Comment ~

響わたる 様

コメントありがとうございます。

キャラに感情移入してもらえるのって、物書きの醍醐味の一つかもしれません!

ぜひ、キャラ達と一緒にこの世界を楽しんでくださいね。

ジンの性格形成やラベンダーの思いがすこしずつわかってきて、だんだんジンに感情移入していく感じです。

この続きも楽しみです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【ラベンダーの空 6. メリーベルの手紙-1】へ
  • 【ラベンダーの空 5. 本当の理由-4】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。