スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ラベンダーの空 7. 秘密-3 →ラベンダーの空 7. 秘密-1
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 目次
もくじ  3kaku_s_L.png ラベンダーの空
もくじ  3kaku_s_L.png 青いみかん
もくじ  3kaku_s_L.png 捧げ物
もくじ  3kaku_s_L.png 頂き物
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【ラベンダーの空 7. 秘密-3】へ
  • 【ラベンダーの空 7. 秘密-1】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

ラベンダーの空

ラベンダーの空 7. 秘密-2

 ←ラベンダーの空 7. 秘密-3 →ラベンダーの空 7. 秘密-1
「私ね、オーラを見ることができるの」

「オーラを?」

「ええ。実はね、私たちは魔法使いの末裔なの」
え?っと小さく声を上げて目を見張るジン。

「ほら、ラヴァンがおまじないをする力があるでしょ?」

「え・・・ええ」

「あれもね、魔法使いの血すじのせいなのよ」

「え?」

「やっぱり知らなかったのね。確かに、普通の人間にも似たような力を持っている人はいるけど、ほんの気休め程度で、あれほどはっきりとした治療力はないわ」

「え?そうなんですか・・・」


「私たちの家系は、隔世遺伝で魔法使いの能力を持った女の子が産まれるの。でもね、末裔といってもかなり前なので、魔力は残ってないんだけど・・・」

「・・・・」
あまりの突然の告白に、言葉もなくフローラをじっと見つめるジン。

「私の能力は、オーラが見えること。おまじないもラベンダーほどじゃないけど使えるのよ。それで、あなたがここに来たときに直ぐに分かったの。あなたが魔法使いだって」

「それじゃあ・・・・、最初からご存知だったんですか?」

「もちろん。そうじゃなかったら、女所帯の我が家であなたを引き取ったりしないわ」

「あ・・・、そ、そうですね」

「あなたを見たときに、オーラの色が違うんで直ぐに分かったわ。子供の頃に一度だけ、あなたと同じ色のオーラを持つ人に会ったことがあってね。そのとき祖母が、ルードの里の魔法使いのことを教えてくれたの、そしてあの薬を飲むと、今みたいなことが起きるって事もね」

フローラは、ジンの顔を見て小さく笑う。




「ここの家もね、もともと魔法使いだったご先祖様が作った家らしいわ・・・。ほら、石造りの部分。あの部分は、魔法や波動が通りづらくなっているらしいわ」

あっとジンは小さく声を上げた。ここの家に来てあまり違和感を感じなかったのは、どこかルードの里の家と造りが似ていたからだ。
ルナが、「いいところに拾ってもらった」と言った意味も、このことが理由だったのだろう。


「でもね、ラベンダーはあなたが魔法使いだとは知らないわ」

「え?」

「そうね、オーラの見方を私が教えなかったから・・・かしら?」

「あの?」

「こんなところに住んでいれば、多くの人に会うこともないので、教える必要がなかったの。というか、教えたくなかったと言った方がいいかしら・・・」

「それは、先祖が魔法使いだということをラベンダーに知らせたくなかったということですか?」

「ええ・・・・」

「なにかあったんですか?」

「そうね。・・・・あなたには話しておいたほうがいいかもしれないわね」

そういうと、フローラはゆっくりと口を開き始めた。




次へ。



←このお話が気に入った人は、押してください。
拍手をいただけると、励みになりますので、よろしくお願いいたします。


blog人気blogランキングへ参加中です!
クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 小説ブログへランキングに参加中。続きが読みたいと思った方はクリックお願いします!



スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 目次
もくじ  3kaku_s_L.png ラベンダーの空
もくじ  3kaku_s_L.png 青いみかん
もくじ  3kaku_s_L.png 捧げ物
もくじ  3kaku_s_L.png 頂き物
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【ラベンダーの空 7. 秘密-3】へ
  • 【ラベンダーの空 7. 秘密-1】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【ラベンダーの空 7. 秘密-3】へ
  • 【ラベンダーの空 7. 秘密-1】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。