FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ラベンダーの空 11. お告げのほこら-2 →ラベンダーの空 10. 親友-4
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 目次
もくじ  3kaku_s_L.png ラベンダーの空
もくじ  3kaku_s_L.png 青いみかん
もくじ  3kaku_s_L.png 捧げ物
もくじ  3kaku_s_L.png 頂き物
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【ラベンダーの空 11. お告げのほこら-2】へ
  • 【ラベンダーの空 10. 親友-4】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

ラベンダーの空

ラベンダーの空 11. お告げのほこら-1

 ←ラベンダーの空 11. お告げのほこら-2 →ラベンダーの空 10. 親友-4
11. お告げのほこら

 その日ジンは、ベッドサイドの灯りだけが灯る暗い部屋で目を覚ました。

(あれ?まだ夜が明けてないのかな?・・・)

まだ寝ぼけた頭でそんな風に考えてから、ふと枕もとの時計を見て一気に目が覚めた。

「げっ、やばっ!」

いつも起きている時間はとっくに過ぎていたのだ。

「なんでこんなに暗いんだ・・・。昨日・・・」

もうそろそろ雪が降りそうだからと、ラベンダーと一緒に、温室のガラスや家中の窓の上から、鎧戸のようなものを閉めたことをすっかり忘れていたのだ。

そういえば、朝、部屋が暗いから寝過ごしたりして、とラベンダーにからかわれたことを思い出し、慌てて下に降りて行った。




「おはよう。ジンの分のご飯も今用意するわね」

いつものようにフローラに笑顔で言われて、ジンは恥ずかしそうに鼻の頭をかいた。

「あははー、やっぱり寝過ごしたー」

食事を終えたラベンダーは、テレビの前で何かをしながら、チラッとジンを見ながらからかうようにして言った。

「悪かったな、やっぱりで」
ジンはそう言い返すものの、口調ほどは怒っていない。それよりも、ラベンダーの様子の方が気にかかった。

「さっきから、なにやってんのお前」

「うん?あのさ、テレビの映りが悪いのよ・・・。どうしてもさ、雪が降る時期になると悪くなるんだけど・・・今日はサイアク。もう、ポンコツなんだから、嫌になっちゃう!」
そうブツブツ言いながらテレビの前で腕を組んでため息をついた。

「なに?見たいものでもあんの?」

「う~ん。とりあえずは天気予報かな~?なんか嵐が来そうだからさ~。後は、テレビ講義」

「講義?今みるの?」

「うん。せっかく冬がかきいれどきだって言うのに・・・」

「ん?」

「ほら、秋までは昼間も忙しいじゃない?でも、冬は家に閉じ込められるからさ~、だから冬のうちに授業を進めちゃうのよ!」

「それで・・・」ジンは、パクパクと朝食を頬張りながらも器用にラベンダーと会話をしている。

「ん~。天気予報だけでもいいから映らないかな~」

「そんなに天気悪いの?」

「うん。今は霙が降ってるからね~」

「ミ・ゾ・レ?なにそれ?」

いつの間にか朝食を終えたジンは、キッチンに食器を片付けてラベンダーの隣に立っていた。

「え、知らないの?みぞれってね、雪と雨が混ざったやつ」

「え!雪?雪が降ってんの?!」

「あ、ジン!待って!雪って言ってもみぞれは殆ど雨みたいな・・・」

とラベンダーが声をかける暇もなく、ジンはさっと表に飛び出していく。


「ひゃ~~。さびぃ~!痛てぇ~!」
悲鳴に近い声とともに、ジンは慌ててドアから部屋の中に飛び込んできた。

 雪を見たことのないジンは、白銀の世界を想像して表に飛び出したのだが、表は薄暗くものすごい嵐が吹き荒れ、べチャッとした冷たい固まりが飛んできた。

それは、ジンが想像していた、白くて冷たくて柔らかい雪とはまるで違い、石のつぶてがぶつかったときの様な痛みを頬に感じただけで、悲鳴を上げて逃げ帰ってきたのだった。

「だから、待ってって言ったのに・・・」プッと噴出すラベンダー。

「だって、雪が降ってるって・・・」

「雪と雨が混ざったやつなの、みぞれって。しかも、かなり冷たくて硬い雨って感じだったでしょ?」

「うん。びっくりした・・・」

「例年ならね、もう雪が積もっててもおかしくない時期なんだけど、なんか今年は遅いのよ」

キッチンで片づけを終えたフローラがそういった。

「そうなんですか、なんかつまんねえの」

「もう、雪、雪って・・子供じゃないんだから・・・」ラベンダーは笑いを堪えながら言った。

「しょうがないだろ?見たことないんだもん、見て見たいジャン?」

「そのうち、雪なんかもう見たくない!って思うほど見ることになるから、大丈夫」

「そんなに降るの?」

「まあね・・・。って、もう!テレビ映んないし!ポンコツなんだから・・・」

「まだダメなの?」ジンもテレビを覗き込む。

「フローラ。もうそろそろこのボロテレビ買い換えないとだめかもね?」

「そんなに古いの?このテレビ」

「私が産まれる前からあるらしい・・・」

「あらら、物持ちのいい事で・・・。よし、俺が直してやろう!」

「はぁ?ジン、テレビなんか直せるの?」

「やってみなきゃわかんないだろ?それにさ、いくら機械だって、そう『ポンコツ』だの『ボロ』だの言われたら、機嫌も悪くなるよ」

「は?なにそれ?」

「ま、見てろって」

ジンはそう言ってラベンダーに軽くウインクしてみせると、おもむろにテレビに向き直って話しかけ始めた。


次へ。



←このお話が気に入った人は、押してください。
拍手をいただけると、励みになりますので、よろしくお願いいたします。


blog人気blogランキングへ参加中です!
クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 小説ブログへランキングに参加中。続きが読みたいと思った方はクリックお願いします!




異世界FTシリアス部門>「ラベンダーの空」に投票。「この作品」が気に入ったらクリックして「ネット小説ランキングに投票する」を押し、投票してください。投票していただけると励みになります。(月1回)




スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 目次
もくじ  3kaku_s_L.png ラベンダーの空
もくじ  3kaku_s_L.png 青いみかん
もくじ  3kaku_s_L.png 捧げ物
もくじ  3kaku_s_L.png 頂き物
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【ラベンダーの空 11. お告げのほこら-2】へ
  • 【ラベンダーの空 10. 親友-4】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【ラベンダーの空 11. お告げのほこら-2】へ
  • 【ラベンダーの空 10. 親友-4】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。