FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←もうすぐ・・・10000HIT →ラベンダーの空 11. お告げのほこら-3
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 目次
もくじ  3kaku_s_L.png ラベンダーの空
もくじ  3kaku_s_L.png 青いみかん
もくじ  3kaku_s_L.png 捧げ物
もくじ  3kaku_s_L.png 頂き物
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【もうすぐ・・・10000HIT】へ
  • 【ラベンダーの空 11. お告げのほこら-3】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

ラベンダーの空

ラベンダーの空 11. お告げのほこら-4

 ←もうすぐ・・・10000HIT →ラベンダーの空 11. お告げのほこら-3
暫くしてジンは、自分のまわりがぼぉっと明るくなるのを感じて振り返った。灯りを背に老人が一人立っていた。

「お若いの、こんなところで雨宿りとは尋常じゃないね」

「その声は・・・・オンジ!」

声の主は、お告げのほこらのオンジと里で呼ばれている人で、ルードの里では有名な魔法使いだった。

彼は、里の「お告げのほこら」と呼ばれる洞窟に住んでいた。しかし、彼の姿は夢のなかでお告げを受ける時にだけ目にすることが出来るといわれていた。

ジンもかなり小さい頃のことだが、一度だけ夢の中で彼からお告げを受けたことがあった。




「こんなところで立ち話もなんだから、こちらへ入りなさい」

ジンはオンジに促され、ラベンダーを抱えたまま光の中に足を踏み入れた。

中に入ると、焚き火のように明るく温かく灯る光の玉があり、オンジは顎をしゃくってその光の玉の近くを指した。

「驚きました。まさか外界であなたにお目にかかれるとは」

ジンは、ラベンダーを灯りの直ぐ近くにそっと横たえると、その隣に座りながらそういった。

「外界の扉を開いたのは2回目じゃよ」

「2回目?」

「そうさの、あれはもう随分前のことだったが・・・。あんまり外界の精霊たちが騒いでいるので、扉を開けたら、小さな女の子がしゃがみこんでおった」

「女の子?」

「ラベンダーだったよ」

「え?ラヴァンが?」

「懐に、小さな青い小鳥を抱えていた。鷹に襲われているのを見つけて、彼女が助けたらしい。怪我をしていたので治療したのだが、そのまま目を覚まさない。死んでしまったのではないかと、ポロポロと泣きながら途方にくれておった。わしが、『寝てるだけだから起こしてごらん』というと、そっとゆすり起こしてから、空に放していたよ」

「ラベンダーをご存知だったんですね」

「なんだジン、おぬし覚えとらんのか?」

「へ?」

いいやなんでもないと言って、オンジは含みのある笑いをジンに向けた。

「うう・・・」隣にいるラベンダーが小さくうめき声を上げる。

「ラヴァン?ラヴァン?」

慌ててジンはラベンダーに向き直ると、呼びかけたが、ラベンダーはそのまま答えることはなく、眉間に小さな皺を寄せたまま眠っているようだった。

「今は起こさないほうがいいのではないか?魔法使いのジン」

「はっ・・・・」

オンジの声で、ジンは我に返った。今ここでラベンダーが目を覚ましたら、自分が魔法使いであることが彼女に露見しまうことを意味していたからだ。

「おぬし、ルナに魔法を使わないように釘を刺されていたんじゃなかったか?」

「え・・・、あ、はぁ・・・」

ルナの言葉を忘れたわけではなかったが、ラベンダーを助けたい一心での行動に、ジンに後悔はなかった。

「ま、あの場合は仕方なかったかもしれんな」
ジンは黙って頷いた。

「それにしても、この状況でよく魔法が使えたものだ。さすが、ルードの里の若手一番の魔法使いといわれるだけのことはあるな」

「この状況?」

「ああ、この天気じゃ。おかしいとは思わないか?」

「おかしい?」

「この雨には、邪悪な魔法がかかっとる」

「邪悪な魔法?」

「そうか、やはり気がついては居なかったか」

「はぁ」

「この雨には、魔法を・・・、精霊力を極度に弱める魔法がかけられている」

「精霊力を?」

「魔法を使うためには精霊力が必要なことは知って居るな。しかし、精霊力が弱くても魔力が強ければ、魔法を発動することができる」

「はい」

「つまり、この雨に当たっても魔法を使うことの出来る魔法使いを探しているやからが居るということじゃ」

「それじゃあ、この雨は・・・」


次へ。



←このお話が気に入った人は、押してください。
拍手をいただけると、励みになりますので、よろしくお願いいたします。


blog人気blogランキングへ参加中です!
クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 小説ブログへランキングに参加中。続きが読みたいと思った方はクリックお願いします!




異世界FTシリアス部門>「ラベンダーの空」に投票。「この作品」が気に入ったらクリックして「ネット小説ランキングに投票する」を押し、投票してください。投票していただけると励みになります。(月1回)


スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 目次
もくじ  3kaku_s_L.png ラベンダーの空
もくじ  3kaku_s_L.png 青いみかん
もくじ  3kaku_s_L.png 捧げ物
もくじ  3kaku_s_L.png 頂き物
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【もうすぐ・・・10000HIT】へ
  • 【ラベンダーの空 11. お告げのほこら-3】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ノア様

ご報告ありがとうございました。

修正しました。

これからもよろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【もうすぐ・・・10000HIT】へ
  • 【ラベンダーの空 11. お告げのほこら-3】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。