スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ラベンダーの空 13. 幻のファーストキス-2 →ラベンダーの空 12. 贈り物-5
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 目次
もくじ  3kaku_s_L.png ラベンダーの空
もくじ  3kaku_s_L.png 青いみかん
もくじ  3kaku_s_L.png 捧げ物
もくじ  3kaku_s_L.png 頂き物
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【ラベンダーの空 13. 幻のファーストキス-2】へ
  • 【ラベンダーの空 12. 贈り物-5】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

ラベンダーの空

ラベンダーの空 13. 幻のファーストキス-1

 ←ラベンダーの空 13. 幻のファーストキス-2 →ラベンダーの空 12. 贈り物-5
13. 幻のファーストキス

 その日ジンは、複雑な面持ちでテレビの前に座っていた。

標高が高く、春の訪れが遅いラベンダーハウスは、まだ雪に閉ざされたままだったが、テレビの画面には、各地から届けられた春の訪れを告げる花が咲いたというニュースや、春ならではのイベントの話題が流れていたのだ。

現にリビングの窓から差し込む日差しは日に日に輝きを増していて、確実に春が近づいていることを感じさせた。

春が来る。それは、耐え忍ぶように長い冬をすごしている者にとっては、この上もなく嬉しいもので、いつもなら、フローラもラベンダーも春の訪れを告げるニュースを心待ちにするはずなのだが、今年は違っていた。春が来ることはそれだけ、ジンとの別れの日が近づくことを意味していたからだ。




そのせいか、ここのところ二人とも口数が少なかった。ラベンダーも自室にこもっていることも多く、リビングは人気がなくいつも静かだった。

ふうと大きなため息をついて、ジンはテレビのスイッチを切ると自室に向った。

「春が来ちゃったわね」

部屋にはルナが来ていた。ジンは突然訪問したルナに驚くことも、ルナの問いかけに答えることもせずに、ベッドにごろんと横になる。

「で?大学の結果はいつわかるの?」

「あともう少ししたらだと思う・・・・」

「そっか・・・・」



「余り良くないニュースなんだけど・・・」

 しばしの沈黙の後、ルナが重い口を開いた。

「例の黒い霧がまた出始めているの」

「え?」

「だから・・・そろそろ覚悟しておいて」

「・・・・」

「後、わかってると思うけど・・・・。あんたがココを出るときには、彼女たちの記憶は消去するから」

「う・・・ん」

それじゃあ、と言うとルナは姿を消した。

ジンは黙って天井を見上げたままココに来てから今日までのことを思い返していた。

ルードの里に居た頃は、外界の人間は恐ろしいと教えられてきた。
多分、魔法使いと人間が持つ悲しい過去を忘れないために、里ではそう教えてきたのだろう。外界の人間達だって、魔法使いは人食い鬼だと思っている者がいると聞く。

しかしジンは外界に来てはじめて、自分以外の誰かを大事だと思えたり、護りたいと思うことが出来るようになった。家族や友達の存在の大切さも実感することができた。平穏な日常を送れることが、こんなにも幸なことだと思えるようになった。

その想いは、ルードの里に暮らす魔法使い達も外界に暮らす人間達も、その思いに違いはないはずだ。そして、そのことに気づくことができたのは、外界に来てラベンダーやフローラ達と出会うことが出来たからだ。

そっと目を閉じると、浮かんでくるのは何気ない日常の一こまばかりだ。そしてそこには必ず、ラベンダーの姿があった。笑顔も怒った顔も涙にくれる姿も・・・、そのすべてが抱きとめて離したくないと思っている自分がいた。

しかし、自分がココに居続ければいつかはエルドラに狙われることになり、それはラベンダーを危険に巻き込むことになる。そして、ココを離れる日には、自分がココに存在したというすべての記憶を、あの二人から奪わなくてはならなくなるのだ。


できることなら、自分の手であの二人を護ってやりたいと思う。でも、今の自分にはそんな力はないことは明らかだ。

あの二人を護るためには、ルードの里に戻って力をつけなくてはならない。しかも、エルドラに対抗できるだけの能力と力をつけて外界に戻ってくるとすれば、ファイナルステージをクリアしなければならず、
かなりの時間が必要だ。

それまで、二人は無事でいられるように何か手を打たなくてはならないだろう。

ただ、二人から自分の記憶を消された上に長い時間が経ってしまったら・・・。

「俺はもう一度戻ってこられるのか?」

不安な気持ちがつい独り言となってこぼれてしまう。

今のココでの生活のすべてを手放してしまったら、自分が自分ではなくなってしまうような気がする。それほどジンは、ラベンダーハウスでの生活になじみ、そのすべてを愛しいと思うようになっていた。


次へ。



←このお話が気に入った人は、押してください。
拍手をいただけると、励みになりますので、よろしくお願いいたします。


blog人気blogランキングへ参加中です!
クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 小説ブログへランキングに参加中。続きが読みたいと思った方はクリックお願いします!




異世界FTシリアス部門>「ラベンダーの空」に投票。「この作品」が気に入ったらクリックして「ネット小説ランキングに投票する」を押し、投票してください。投票していただけると励みになります。(月1回)


スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 目次
もくじ  3kaku_s_L.png ラベンダーの空
もくじ  3kaku_s_L.png 青いみかん
もくじ  3kaku_s_L.png 捧げ物
もくじ  3kaku_s_L.png 頂き物
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【ラベンダーの空 13. 幻のファーストキス-2】へ
  • 【ラベンダーの空 12. 贈り物-5】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【ラベンダーの空 13. 幻のファーストキス-2】へ
  • 【ラベンダーの空 12. 贈り物-5】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。