FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 ←ラベンダーの空 13. 幻のファーストキス-5 →ラベンダーの空 13. 幻のファーストキス-3
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png 目次
もくじ  3kaku_s_L.png ラベンダーの空
もくじ  3kaku_s_L.png 青いみかん
もくじ  3kaku_s_L.png 捧げ物
もくじ  3kaku_s_L.png 頂き物
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【ラベンダーの空 13. 幻のファーストキス-5】へ
  • 【ラベンダーの空 13. 幻のファーストキス-3】へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

ラベンダーの空

ラベンダーの空 13. 幻のファーストキス-4

 ←ラベンダーの空 13. 幻のファーストキス-5 →ラベンダーの空 13. 幻のファーストキス-3
朝食を終えてソファーでテレビを見ていたジンのところに、片づけを終えたラベンダーがやってきた。

「あのさ・・・ジン」

「ん?」

「あの・・・。ごめんなさい」

「え?なに?」

「だから、ここ数日変だったでしょ、私?」

「ん、ああ」

「大学のレポート出したら、なんか『落ちたらどうしよう』とか思って不安で、ちょっと変だったんだ・・・」

ラベンダーは、少し上の方に視線を逸らして言い訳をしながらジンに謝ってきた。

「いいよ、そんなこと。誰だってそういうことあるし・・・」

ラベンダーは自分に対して『嘘をつくのが下手だ』とよく言うが、ラベンダーの方がよっぽど嘘をつくのが下手だ、ジンは心のなかで苦笑しながら答えた。





「そ、それでね・・・」

「うん?」

「レポートも終わって、ちょっと暇になったから、どこかに遊びに行こうかな~なんて思ってるんだけど・・・」

「遊びに行くって?」

「ほら、ジンがココに来たときいろいろ忙しくてその後雪が降っちゃったから、ジンはあんまりいろんなところに遊びに行ってないでしょ?この辺りにもね、すごく景色がきれいなところとか一杯あるから案内してあげようって思ったの」

「・・・」

ジンの答えを待たずにラベンダーは地図を広げて、ココの景色がすごくきれいなんだよなどとあちらこちらの説明を始める。

「でね、まず最初に明日はココに行かない?ちょうど今の時期雪が女の子の形に溶け残って、『雪の少女』って呼ばれてるんだ。で、その次はココの滝を見に行こう!それから、その次は・・・」

「ちょ、ちょっと待って!!」

「ん?」

「次は、次はって・・・何箇所いくつもり?」

「この辺の景色がいいところとか、みんな案内してあげるからさ!」

「みんなって・・・あのさ・・・」

「なに?」

「俺、観光に来たみたい・・・」

「そ、そんなつもりじゃないけど・・・」

ジンにも、ラベンダーがそんなつもりでこの話を始めたのではないことくらいわかっていた。しかし、オンジの降らせてくれた雪による封印が溶け始めている今、むやみに遠出をすることは避けたかったのだ。

「なんかさ、今更お客さん扱いされても嬉しくないし」

「お客さん扱いなんてしてない!ただ・・・」

「ただ?」

「・・・」

黙って次の言葉を紡げずに困ったようにうつむくラベンダーに向かって、ジンはふっと小さく笑った。

ジンがもう直ぐここを離れてしまうことを悟ってラベンダーなりに思い出作りをしようとしてくれいることが痛いほどわかっていたからだ。

「あのさ・・・。俺、どこかに出かけるのもいいんだけど、出来ればラヴァンとゆっくり話をしたいんだけど・・・。だめかな?」

「え?・・・話?」

「うん」

「・・・わかった。でもさ、一箇所、一箇所だけ行きたいところがあるの、それだけは行ってもいいかな?」

「どこ?」

「今度の新月の次の晩にね、宵待草が咲くの。それを見に行きたいんだ」

「宵待草?」

「うん。毎年ね、見に行ってるんだよ。すごくキレイなの!今年はジンにも見せてあげようって前から思ってたんだ。場所もそんなに遠くないし・・・」

「わかった、じゃあ宵待草は一緒に見に行こう!」

「よかった、約束だよ!」

「OK」
ラベンダーは、ほっとしたのか嬉しそうに笑った。



「それで、話ってなにを話すの?」

「え?」

いきなり話題を振られてジンはギクリとする。自分が魔法使いであり、ココを離れるときには記憶を消さなくてはいけないことを話さなくてはならないのだが、どうやってそれを切り出したらいいのか、まだ分からなかったからだ。

「どうしたの?」

「い、いや。別に特にあの、話題があるわけじゃないんだけど・・・」

「なーんだ」

「ごめん」

「いいよ謝らなくても。そんなことかと思ってたし」

ラベンダーは、そういって意地悪く笑う。


「そうだ、大学受かってるといいな」

「うん。ほんと受かってるといいな~。私の夢だしね」

「そうだな。でも俺、お前はいい小児科の医薬師になると思うよ」

「ほんと?」

「うん。お前面倒見いいところがあるし、優しいからね」

「そうかな~?普通だよ。ま、小さい子は好きだし、メリーベルとも約束したし」

「うん・・・・」

ジンの脳裏にラベンダーの部屋にまだ貼ったままになっている、メリーベルから届いた手紙や絵が浮かんだ。今でもラベンダーの記憶の中では、メリーベルは生きているのだ。人は命がある間だけ生きているのではなく、誰かの心の中に存在することで生きているのかもしれないとジンは思った。

しかし自分の記憶は、ココから離れるとき、ラベンダーの中から消さなくてはいけないのだ。自分の存在自体をはじめから無かったことにしなければならない。それは、今のジンにとっては辛く耐え難いことだった。

「ん?どうしたの?」

思わずうつむいてしまったジンに向かってラベンダーが声をかける。

「ん、いや・・・。メリーベルのことをそんな風に話せるようになってよかったなって思ってさ」

「あ・・、うん。それもジンのおかげだよ」

「え?」

「ジンが居てくれたからさ。いつまでも悲しんでちゃいけないって思えるようになったんだもん」

「そっか」

「あのさ・・・私、ジンの事も忘れないから絶対に」

「え・・・」

「だからジンも忘れないでね私の事。それでさ、また遊びに来てね!」

「え・・・、あ、うん・・・」

「なに?嫌なの?」

「え、嫌なわけ無いじゃん!でもさ・・・」

「でも?」

「ほら、帰ったらいろいろ忙しいかもしれないから、またこれるかどうかわかんないし・・・」

「ぷっ・・・」ジンの言葉を聞いていきなりラベンダーが噴出した。

「なんだよ、いきなり噴出したりして!」

「だってさ・・・。ジンは真面目なんだな~って思って」

「真面目?」

「うん。普通はさ、来れないかもしれなくたって『絶対来るから』って言うもんでしょ?」

「そ、そかな?」

「そうよ」

「でも、嘘つくようなことしたくなかったし」

「だから真面目だなと思ってさ・・・。てか、嘘つくのも下手だしね?」

ラベンダーはジンの顔を覗き込んで、悪戯っ子のようにクククと笑う。それにつられてジンも笑った。



次へ。



←このお話が気に入った人は、押してください。
拍手をいただけると、励みになりますので、よろしくお願いいたします。


blog人気blogランキングへ参加中です!
クリックしていただけると励みになりますので、よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 小説ブログへランキングに参加中。続きが読みたいと思った方はクリックお願いします!




異世界FTシリアス部門>「ラベンダーの空」に投票。「この作品」が気に入ったらクリックして「ネット小説ランキングに投票する」を押し、投票してください。投票していただけると励みになります。(月1回)
スポンサーサイト
もくじ  3kaku_s_L.png 目次
もくじ  3kaku_s_L.png ラベンダーの空
もくじ  3kaku_s_L.png 青いみかん
もくじ  3kaku_s_L.png 捧げ物
もくじ  3kaku_s_L.png 頂き物
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
  • 【ラベンダーの空 13. 幻のファーストキス-5】へ
  • 【ラベンダーの空 13. 幻のファーストキス-3】へ

~ Comment ~

響わたる 様

いつもコメントありがとうございます。
レスが遅くなって申し訳ありませんでした。

人が生きるということって、リアルだけではなく、誰かの心や記憶に存在するということも大きな意味があると思ったので、こんな展開になりました。

ジンにはこれからも試練が待っていると思いますが、それを乗り越えて世界を救えるように大きく成長させて行きたいと思っています。

これからもお付き合いをよろしくお願いします。

こんばんは。

「人は命がある間だけ生きているのではなく、誰かの心の中に存在することで生きているのかもしれない」
本当にそうおもいます。
であれば記憶から消えてしまうジンの辛さを考えるととても切ないです。
ひどく辛い失恋をしたとしても記憶までは消えないのですから。

今回もとても楽しく拝見しました。
ありがとうございます。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【ラベンダーの空 13. 幻のファーストキス-5】へ
  • 【ラベンダーの空 13. 幻のファーストキス-3】へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。